ブータンラボ

旅行までに覚えたい!ブータンの公用語 実用フレーズ10選♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
dzongkha

ブータンの公用語は『ゾンカ』といいます。谷ごとに違う言葉が話されていると言われるブータンで、西ブータンのガロン族の言語を元にしたゾンカが公用語として現在話されています。ブータンでは一定の年齢層の人には英語が通じるので、比較的言語に不自由なく旅行できるのがブータンの魅力です。しかし年配の方々は英語をあまり話さないことが多いので、ガイドを挟んで通訳してもらうといった場面がしばしば発生します。そんな時、「こんにちは」や「ありがとう」など、簡単なフレーズでも覚えていれば、現地の人とコミュニケーション取れたのに・・・と後になって後悔すること、結構あるのではないでしょうか。この記事では筆者が絶対に使えると思うゾンカ語10フレーズをピックアップ。シチュエーション例も書いているので、現地で「ココだ!」というときに使ってみてくださいね。



1.挨拶は基本中の基本!『クズザンポーラ!』
一番覚えたいフレーズと言えば、「こんにちは」ですよね。ブータンに限らず、どこの国へ行っても基本の挨拶さえ出来ればすぐに現地の人と仲良くなれる気がします。ゾンカで『こんにちは』は”Kuzuzanpola(クズザンポーラ)”。無邪気に遊ぶ子どもたちに『クズザンポーラ!』と声をかけてみて下さい。きっと元気な声で挨拶を返してくれますよ。
『クズザンポーラ!』


2.『ありがとう』は距離を縮める合言葉♡『カディン チェ ラ』
ブータンでは何度か「ありがとう」を言う機会があります。一番近くにいるガイドやドライバーはもちろんのこと、ホテルやレストランのスタッフ、または農家の人まで、旅行中は様々な人がお世話してくれます。英語で”Thank you!”も良いけれど、ここはひとつ、ゾンカで感謝の気持ちを伝えてみましょう。例えば、こんな時。民族衣装キラの着替えを手伝って貰った後に一言。”Kadin che la(カディンチェラ)”
『カディンチェラ!』


3.辛い!でも・・おいしい!そんな感動を伝えたいとき『ナメ サメ ジンベーラ!』
レストランでスタッフの人が水を汲みに来てくれたとき。または農家で家庭料理に舌鼓を打っているとき。ふと、感じる『口に合うかな・・・大丈夫かな・・・』の視線。現地の方も、ブータン料理を楽しんでくれているかが気になっているようです。そんな時、ゾンカで”Namisami zhim bay la!(とっても美味しいです)!”と伝えてみてください。きっと喜んでくれますよ。
『ナメ サメ シンメ!』


4.おいしい・・・でも辛いいいい!そんな衝撃を伝えたいとき『カ ツァウメ!』
美味しいとは言え、日本人はブータン料理の辛さに慣れていないのでブータン人のようにパクパクと辛い料理を口に運ぶことが出来ませんね。辛いときは、正直に”Kha tsaume(辛い)”と言いましょう!・・・水ならいくらでも出してくれますよ。
『カ ツァウメ!』


5.市場での買い物。何やら不思議な物を発見!『アニ ガチ モ?』
ティンプーではサブジバザール、パロのメインストリートや、移動中に立ち寄った直売所で大活躍のフレーズです。一見普通の屋台に見えても、日本では中々お目にかかれない野菜や果物に出会える・・・カモ?そんな時は、とりあえず聞いてみましょう。”Ani gachi mo? (これ、何ですか?)”
『アニ ガチ モ?』


6.面白そうだから買ってみよう『アニ ガデムチ インナ?』
5番の『アニ ガチ モ?』に続くフレーズ。『よし、買うぞ!』となれば、気になるのは値段ですね。ドキドキしながら聞いてみましょう”Ani gademchi inna? (これ、いくらですか?)”
『アニ ガデムチ インナ?』


7.何だかお腹の調子が・・『ンガ ポウ ナウ メ』
普段から辛いものに食べ慣れていないとトウガラシ料理を連日食べるのは厳しく、ある日突然腹痛がやってきます。長い専用車移動では、我慢せずにガイドやドライバーに伝えてください。”nga phou nau me… (お腹が痛いです)”

8.タクツァン僧院へいざ、ハイキング!気合いを入れたい時の一言『ジョゲィ!』
ブータン観光のハイライトであり、体力に自信の無い方にとっては最難関のタクツァン僧院ハイキング。なんとしてでも麓から徒歩で僧院まで辿りつくぞ!と気合いを入れたら、ガイドと一緒にこの言葉を叫びましょう。”Jogay! (よし、行こう!)”

9.シャッターチャンス!と写真を撮るその前に。『パル タブ トゥブ ガ?』
想像してみましょう。日本で急に待ち合わせをしている最中、外国人からパシャッと写真を撮られたら、どんな気持ちになるでしょうか。きっと驚いてしまいますよね。ブータンでもそれは同じこと。現地の人々を写真に撮るときは、必ず聞いてみて下さいね。”Par tab tub ga?? (写真を撮っても良いですか?)”
『パル タブ トゥブ ガ?』


10.各都市での出会いに感謝しながら。『ロク ジェゲ ラ』
ブータンでは西から東へ、ひとつひとつ街を巡りながら旅をします。言い換えれば、出会いもあるだけ、別れがあるということでもありますね。また会えますようにと願いながら、伝えたいのがこの言葉。”Log Jay Gay la… (さようなら…)”
『ロク ジェゲ ラ・・!』


まとめ
実用フレーズ10選、いかがでしたでしょうか。今回は旅行中、必ず一回は発するであろうフレーズを集めてみました。ブータンでは農家泊や街歩きなど、現地の方と触れ合う機会が多いので覚えておくと大変便利です。10個も覚えるのは大変・・・と言う方は、まずは『こんにちは』『美味しい』『ありがとう』の3つを覚えてみてくださいね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加