ブータンラボ

ブータン王国へのパスポート~旅行に必要な知識と出発までの流れ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
travel-1410824_640

ブータンの正式国名は、『ブータン王国』です。またの名を『Druk Yul(ドゥク・ユル)』と言い、『雷龍の国』を意味します。長年鎖国政策をとっていたブータンが外交を本格的に始めたのは1960年のことでした。観光客の受け入れは10年後の1970年なので、ブータン王国に観光客が来るようになってからまだ50年も経っていないことがわかります。その過去を聞くとブータン王国は旅行しにくい場所のように思えますが、実際はそのようなことはなく、むしろ何から何までサポート体制ばっちりの観光客には嬉しい国となっています。この記事では、ブータン旅行に必要な知識と準備をご紹介します。

    【もくじ】
  • 知識編① ムムッ?!『公定料金』って?
  • 知識編② 個人旅行税は2名参加まで必要
  • 知識編③ ブータンはビザが必要な国!
  • 準備編① さあ予約しよう。旅行会社に連絡
  • 準備編② ホテルは選べる?
  • 準備編③ 出発まで何をすれば良い?
  • 準備編④ 持ち物のチェック!
  • 安全で快適なブータンの旅を♪


  • 知識編① ムムッ?!『公定料金』って?
    ブータン旅行で珍しいもののひとつ、それは『公定料金』の存在です。公定料金はブータン王国が1970年からとり続けている観光政策で、ホテル代、食事代、専用車代、ガイド代がパッケージ代金として決まっています。公定料金には政府に支払うロイヤリティも含まれており、現地催行会社はこのロイヤリティを引いた金額でホテル代、食事代などを手配します。公定料金はハイシーズン(3~5月/9~11月)とローシーズン(12~2月/6~8月)で異なっていて、ハイシーズンは1泊250ドル、ローシーズンは1泊200ドルがかかります。

    知識編② 個人旅行税は2名参加まで必要
    次に、公定料金に追加してかかる料金のひとつ、個人旅行税についてご説明します。個人旅行税は1名参加の場合と、2名参加の場合に発生する税金で、1名参加の場合1泊40ドル、2名参加の場合お一人様1泊30ドルが必要となります。3名様以上の参加は個人旅行税は発生致しません。

    知識編③ ブータンはビザが必要な国!
    日本のパスポートはビザなしで入国できる国が多くありますが、ブータン王国は例外です。ブータン旅行には必ず、観光ビザが必要になります。ビザの申請はいたって簡単でパスポートの顔写真付きページのコピーを提出するだけでOK!ビザセンターにパスポートの原本を預ける必要がなく、申請用紙に住所や職業など、細かいことを書く必要が無いのでパスポートを持っている方はすぐに申請が出来ます。ビザの発行にはお一人様40ドルが実費で必要となり、発行までの期間は最短で3日程度ですが、ハイシーズンや混み合っている時期は最短でも1週間、長くて3週間ほど時間を要することもありますので、旅行が決まった段階で申請されることをオススメします。ブータン王国のビザは写真のように、A4の紙で発行されます。表面は、観光客の情報が記載され、裏面は滞在予定地域が記載されています。基本的に、このビザに記載されていない地域へ入ることは出来ないので、中央ブータンや東ブータンに行きたいと考えている方は事前に旅行会社へ相談されると良いでしょう。
    当日は印刷したものをご持参ください


    準備編① さあ予約しよう。旅行会社に連絡
    ブータン王国への旅行では一括して旅行会社に依頼されることをおすすめしています。(ただし、現地にお知り合いの方がいて、ホームステイされる場合は別です)ブータン旅行を取り扱っている旅行会社(あ、弊社もその内のひとつですよ)に連絡をして、見積りを取ることから旅行計画が始まります。公定料金は確定しているので、後は旅行会社の手数料によって値段は違ってくるかと思います。信頼できる会社に出会ったら、手配依頼をしましょう。

    準備編② ホテルは選べる?
    あくまでも弊社でご予約頂いたお客様に限ってお話させて頂きますが、ご予約時に弊社のホテルリストに記載のあるホテルはお客様にお選び頂くことは可能です。「特にこだわりがない」という方には、日本人のお客様にご好評頂いているホテルを手配しております。是非お客様のご希望をお知らせ下さい。

    準備編③ 出発まで何をすれば良い?
    予約も済んだ。航空券、ホテル、ビザも揃った。出発まで何をすれば良い?という質問を頂くことがございます。ご出発までは、いかに体調を整えてブータンに臨むかが重要になってきます。ブータンは標高が高く、パロ国際空港に降り立った時から知らず知らずのうちに体調を崩すケースもございます。現地では睡眠時間を十分に取り、飲酒も控えめにされることをおすすめしていますが、旅行前の体調を整えておくことも大切な準備のひとつです。

    準備編④ 持ち物のチェック!
    旅行前夜。パッキングがまだ終わっていなーい!という方も多くいらっしゃるかと思いますが、必ず持って行って欲しいものは、長袖・長ズボン・歩きやすい靴の3点セットに加えて、日焼け止め・下痢止め(重要ランク:高)・酔い止めです。長袖・長ズボンはゾンや寺院参拝時に必要になるので必ずお持ち下さい。また、薬関係は普段服用しているものを常備された方が安心です。車酔いなんて無縁だとお考えの方は、がたがた・ぐにゃぐにゃロードを体験して後悔されないためにも、酔い止めは持って行った方が良いですよ・・・!

    安全で快適なブータンの旅を♪
    ブータン王国到着後から出発まで、お客様は常にドライバーとガイドと一緒に行動します。何から何までガイドがお客様をアシストするので、言うならば王様気分で旅行が出来てしまうのがブータン旅行の特徴です。その一方で、観光客が守らなければいけない「ルール」も存在します。敬虔な仏教国のブータン王国では、観光地である寺院やゾンで厳しく参拝のルールが決められている所が多くあります。寺院・ゾンでの参拝のルールを事前に学習しておくこと、ガイドの言うことをよく聞くことが安全で快適なブータンの旅を実現するポイントとなります。ブータン王国への旅行を控えている方は、是非基本情報を読んでみて下さいね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加