ブータンラボ

ブータンの個人旅行は王様気分?!個人旅行をすすめる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%e3%82%bf%e3%82%af%e3%83%84%e3%82%a1%e3%83%b3%e5%83%a7%e9%99%a2%ef%bc%88%e3%83%9e%e3%83%8b%e8%bb%8a%ef%bc%92%ef%bc%89
『ブータンに行きたい!・・・でも、どうやって?』―ブータン旅行は飛行機とホテルが一緒になったツアーに申し込むのが一般的です。ですが、複数の旅行会社で販売されているツアーの中で、自分にあったプランを見つけ出すのは一苦労ですよね。ブータン旅行でおすすめしたいのは、何と言っても個人旅行。独自の旅行制度を設けているブータンだからこそ、快適な個人旅行が叶います。――個人旅行は不安でいっぱい?ご安心下さい。ブータン到着後、あなたはただ車に乗って観光地を巡るだけ。次のバスの時間を気にしたり、この電車はどこ行きか?なんて心配する必要はありません。(そもそも、電車がありません・・・)この記事では、誰もが王様気分になれてしまう個人旅行をおすすめする理由をご紹介。ツアー選びの参考に、ぜひお役立て下さい。


オススメ理由①「あ!ココ!止まって!」にも対応。寄り道が出来ちゃいます
ブータンの観光は、全日程専用車移動で行われます。首都のティンプーから中央ブータンのブムタンまで約8時間程かけて1日で移動することもあり、近代化が進むティンプーから東に行くにつれて町の様子が変わって行く様は見ていて飽きません。移動中、岩と岩の間から流れ落ちる小さな滝に遭遇したり、素晴らしい眺望が楽しめる峠にストップしたりと、移動時間さえも楽しめてしまうブータンでは、思わぬところにシャッターチャンスがひそんでいます。『この瞬間をカメラに収めたい!』そう思ったら、すぐにガイドに言いましょう。よほどのことが無い限り、寄り道は大歓迎。ここだ!と思った場所で、あなたが見つけた『ブータン』をカメラに収めることができます。

オススメ理由②ガイドとドライバーと仲良くなるチャンス!少しローカルに旅してみよう
ブータン旅行にはガイド、ドライバーが一人ずつ付きます。長い行程であればあるほど、ガイドとドライバーと過ごす時間は長くなり、仲良くなって最終日はガイドの家にお邪魔して家族でご飯を食べた・・・なんて嬉しい体験ができちゃうことも。あるいは、レストランでの外国人観光客向けのご飯に飽きたら行きつけの食堂に連れて行ってとリクエストしてみるのも良いかもしれません。(ただし、リクエストは前もって伝えておきましょう)また、ティンプー市内でちょっとしたナイトライフを体験したい場合は、オススメのクラブを紹介して貰いましょう。安全に楽しめるクラブに連れて行って貰えるかもしれません。(もちろん、ガイドも同行します!)このように、ガイドやドライバーと親しくなりより充実した体験が出来るのが個人旅行の魅力。典型的なブータン旅行も良いけれど、旅のスパイスとしてローカル体験を入れてみるのもオススメです。

オススメ理由③旅程の変更が自由自在?!現地での変更に柔軟に応じます
理由①と被ってしまいますが、ブータン旅行では直前の旅程変更もほとんどの場合すんなりクリア出来てしまいます。「ハイキングを予定していなかったけど、いざブータンの地に降り立ったらチャレンジしてみたくなった」という方や、「ブータンの伝統的な家屋を見るうちに興味が湧いてきた。農家に訪問して現地の生活を覗いてみたい!」といったリクエストにも出来る限り対応致します。少しでも行きたい場所が変わったり、気になるスポットがあればガイドに相談してみてください。この時、早めに相談するのがポイントですよ!

唯一の難関:空港で乗り継ぎが不安な方へ
これまでブータン国内では常にガイドがおつきするので、心配する必要が全くないことを説明致しました。ブータン旅行の唯一の不安と言えば、乗継。日本からブータンへは直行便が飛んでいないので、バンコクまたはシンガポール、インド、ネパール等で乗り継ぐ必要があります。経由地として最も多く選択されるのが、バンコク・スワンナプーム空港。日本から一日に何本か飛んでおり、航空会社もバリエーションがあることから一番人気の経由地です。また、同日乗継が出来るため経由地で1泊する必要がないのも魅力のひとつ。お休みをブータン旅行に全力で注ぎたい!という方には同日乗継がオススメです。特におすすめなのが、タイ航空または日本航空を利用して、受託手荷物を日本からブータンにそのまま送ってしまうこと。日本を出発する際、チェックインカウンターでドゥルックエアーのeチケットを一緒に提示して、
バゲージスル―制度を利用しましょう。この場合、バンコクに入国せずそのままトランジットカウンターに進めるので経由地で焦ることなくトランジットが出来ますよ。

さいごに
通常、個人旅行というと交通機関の時刻表や路線図とにらめっこ、常に緊張した状態で観光・・・といったイメージがありますが、ブータンの場合、到着後はゆったりと過ごせることがお分かり頂けましたでしょうか。団体で行くブータン旅行も良いですが、オリジナルの旅程を臨機応変に楽しみたいという方には個人旅行をオススメします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加