手荷物について

受託手荷物

受託手荷物(飛行機の胴体に預けるスーツケース等)の重さは、お一人当たりエコノミークラス30kg、ビジネスクラス40kgまでになります。個数の制限は原則としてありません。

機内持ち込み手荷物

機内に持ち込むことができる手荷物は、機内収納スペースの都合上、35㎝+45㎝+20㎝以内の大きさ、かつ重量はエコノミークラス5㎏、ビジネスクラス7㎏までになります。

超過手荷物料金について

ドゥルックエアー超過手荷物料金一覧表
バンコク⇒パロTHB 175/kgパロ⇒バンコクBTN 185/kg
シンガポール⇒パロSGD 14/kgパロ⇒シンガポールUSD 10/kg
コルカタ⇒パロINR 95/kgパロ⇒コルカタBTN 95/kg
カトマンズ⇒パロNPR 150/kgパロ⇒カトマンズBTN 95/kg
デリー⇒パロINR 170/kgパロ⇒デリーBTN 95/kg
ゴハティ⇒パロINR 75/kgパロ⇒ゴハティBTN 95/kg
ダッカ⇒パロBDT 150/kgパロ⇒ダッカBTN 95/kg

スルーバゲージについて

スルーバゲージとは

経由地で別な便に乗り継ぐ場合であっても、ご出発地でお預けになった荷物(受託手荷物)を最終目的地で受け取ることができます。経由地で荷物を再度預ける必要はありません。

日本とブータン(パロ)を往復する場合

《タイ国際航空(TG)または日本航空(JL)をご利用の場合》

■ 受託手荷物
スルーバゲージが可能です。出発地でお預けになった荷物は最終目的地でお受け取りください。

■ 経由地から最終目的地への搭乗券
経由地の乗り継ぎカウンターで搭乗手続きを行いお受け取りください。  

例 日本 → バンコク → パロ バンコクからパロへの搭乗券はバンコクのドゥルックエアー乗り継カウンターでお受け取り。

例 パロ → バンコク → 日本 バンコクから日本への搭乗券はバンコクのタイ国際航空または日本航空の乗り継ぎカウンターでお受け取り。

■ 経由地(国)の入・出国手続き
手続きは不要です。空港内の乗り継ぎ(Transit)の案内に沿ってお進みください。

※スルーバゲージにする場合は出発便のチェックイン時に、経由地 から最終目的地までのEチケットをご提示ください。
※お預けになった荷物の紛失を防ぐため、経由地の乗り継ぎカウンターでの手続き時に荷物タグを係員にご提示ください。
※スルーバゲージは原則として経由地で同日中の乗り継ぎを行う場合に限ります。

 

《タイ国際航空(TG)または日本航空(JL)以外の航空会社をご利用の場合》

■  受託手荷物
スルーバゲージは出来ません。経由地にて最終目的地へのご利用航空会社チェックインカウンターでお預けください。

■ 経由地から最終目的地への搭乗券
上記スルーバゲージの場合と同様です。

■ 経由地(国)の入・出国手続き
経由地到着 → 入国 → (荷物の引き取り) → (乗り継ぎ便搭乗手続き) → 出国、の流れになります。

スルーバゲージの場合と異なり時間を要しますので、余裕のある乗り継ぎをお勧めします。

※経由地までの他社便の遅延などによりドゥルックエアー便に乗り継ぎできない場合、またドゥルックエアー便の遅延になどにより他社便に乗り継ぎ出来ない場合、いずれにおいても運送約款に基づき責任を負いかねます。空席のある次発便への振替えを行う場合、所定の費用、運賃の差額などが必要になることがあります。経由地における滞在費用等はお客様の負担になります。