ブータンラボ

ブータン観光と言えばコレ。タクツァン僧院に登ってみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクツアン僧院1

ブータン観光の大定番と言えば、西ブータンのパロにあるタクツァン僧院が有名です。ブータンの旅行日程に、必ずと言って良いほど組み込まれているタクツァン僧院ハイキング。標高3000mを登って行くなんて、体力に自信がない・・でもせっかく遥々ブータンまで来たからには登って僧院内部を拝観したい!という方に贈る、タクツァン僧院ハイキング体験レポートです。標高3000mのハイキングロードを片道約3時間かけてタクツァン僧院を目指します。・・・タクツァン僧院に到達する自信が無い?大丈夫です。通勤で歩くこと以外全く運動をしない筆者も無事タクツァン僧院に辿りつき、内部までバッチリ見ることが出来ました。この記事では、タクツァン僧院ハイキングにまつわるアレコレをご案内します!


タクツァン僧院とは・・・
そもそも、タクツァン僧院って何でしょう?『敵知らずして勝利なし』とも言いますし、タクツァン僧院へ登るハウツーを知る前に、まずはタクツァン僧院について知ることから始めましょう。
標高約3000mの断崖絶壁に佇むタクツァン僧院は、世界中から仏教信者が集まる聖地です。チベットからブータンにわたり仏教を広めたパドマサンババが瞑想した地として有名で、パドマサンババが虎(タク)の背中に乗って舞い降りた(!)という伝説が残っています。

装備・持ち物
タクツァン僧院に特別な装備は必要有りません。僧院訪問時の基本、長袖・長ズボンはもちろんですが、必要なのは、万全な体調と、歩きやすい靴これさえあれば、なんとかなります。ここでは実際に登ってみて『あれば良いな』と思ったものをご紹介します。
1.タオル
これは予想がつくと思います。筆者は6月に登りましたが、タオルが手放せませんでした。
2.カメラ
タクツァン僧院内部では撮影は禁止ですが、僧院に辿りつくまでにビューポイントがいくつかあります。
また美しい景色をバックに色とりどりのルンタが風になびく様子など、ハイキング中にはカメラを向けたくなる瞬間が何度も訪れます。
3.日焼け止め
タクツァン僧院ハイキングに限ったことではないですが、ブータン旅行に日焼け止めはマストです
4.飲み物
ハイキングを開始したら、カフェテリアがある第一展望台まで休憩所はありません。
第一展望台までは、徒歩で約1時間半かかります。
5.ボディシート
汗をよくかく方は、このボディーシートが必要になります。「もうだめだ、、上まで辿り着けない!」と挫けそうになった時、サッとひと吹き。 タクツァン僧院前まで辿りついた後、ふと自分から発せられる香りに気づき慌ててサッとひと吹き。 このように、リフレッシュしたい時にうってつけなのがボディーシート。下山後、森の中でボディーシートを使った時は爽快感が身体中を駆け巡りそれはもう快感でした。

僧院到着までの道のり
準備が整ったら、いざ、ハイキング開始です。まずはハイキングの麓までは車で行くことができます。ここから標高3000mにあるタクツァン僧院をを目指します。
全てはここから始まる!


あとは、ガイドの後に続いて、休憩ポイントの第一展望台までせっせと登ります。途中で休憩を取りながら、無理のないよう歩みを進めていきましょう。
ブータンの方は、民族衣装を着てスイーッと登って行きます。さすがです・・・!


途中、大きなマニ車を発見!休憩ポイントの第一展望台に近づいてきたサインです。休憩所を目の前に重かった足取りが不思議と軽やかになります♪

麓から約1時間半後、休憩ポイントの第一展望台に到着!ここでは無料でクッキーやコーヒー、紅茶の提供があります(日によって内容は変わる可能性がございます)
遠くに小さく見えているのがタクツァン僧院です。まだまだ遠いですね・・・


休憩したら、再スタートです。まだまだ歩きます!
本当は第二展望台もあるのですが、タクツァン僧院の閉館時間の関係でこの日は休憩せずにそのままタクツァン僧院へ・・・

筆者は第一展望台からタクツァン僧院まで、休憩を10回以上取っていましたが、聞くところによると麓からタクツァン僧院まで1時間弱でサササーッと登ってしまう観光客がいらっしゃるのだとか!驚きですね。

次第に浅くなる呼吸を気にしながら、次第にタクツァン僧院へと近づいていきます。
第二展望台を過ぎると、下り階段が。ここまでせっせと登ってきたので、下りの階段は嬉しい♪とゆっくり下りて行き、橋を渡ります。

ここでまさかの200段の上り階段が登場します。ここまで来たからには、引き返すことは出来ません!いざ、前進!!!

階段を登り切ると、タクツァン僧院に到着します。残念ながら内部を撮影されることは禁止されているので写真はありません。
会いたかったよ・・タクツァン僧院(写真は少し遠いところから撮影したものです)


僧院内部を拝観後、帰りはもちろん徒歩で来た道を帰るのですが、僧院拝観で神聖な空気に包まれ心も身体もリフレッシュしたせいか往路ほど辛くありませんでした。
足取りか軽い理由はもう一つありました。それは何を隠そう、お昼ごはんです。ここに来るまでクッキーしか口にしていないのをお気づきでしょうか?
お昼ごはんは第一展望台にあるタクツァンカフェテリアにてビュッフェランチです。
焼そばやご飯など、エネルギーになるものや、おかずも数種類あります!


感想
途中休憩をこまめに挟んだ筆者ですが、タクツァン僧院ハイキングにかかった時間は5.5時間でした。大体平均して5-6時間かかるといわれているので、まずまずのペースですね。 タクツァン僧院までの道のりは、決して良いとは言えません。ところどころ滑りやすくなっていたり、慎重に歩かないといけないところもあります。 また、標高が高くなるにつれて体調を崩しやすいので注意が必要です。
ハイキング中は熱さではやく僧院に到着してくれ・・と何度も挫けそうになりましたが、頑張って登って来て良かったと心から思ったのを覚えています。 ブータンにお越しの際は是非、タクツァン僧院ハイキングにチャレンジされることをオススメします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加