ブータンラボ

トレッキングといえばブータン?!トレッキングツアーを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
te

ヒマラヤ山脈の南側に位置するブータン。山々に囲まれた自然豊かなこの国では、一般的な観光のほかトレッキングツアーも人気です。見渡せば山、山、山!なブータンでは、標高5,000m以下の山には名前がありません。名もなき山が連なる中、一際存在感を出しているのが標高7,315mのチョモラリ。トレッキングに詳しくない方でも、名前は聞いたことがあるという方、多いのではないでしょうか。今回はブータンのトレッキング事情にフォーカスし、有名なチョモラリ・トレックから初心者でも参加できる簡単トレッキングをご紹介します。




その前に・・・
ブータンのトレッキングについて知っておきましょう。ブータンのトレッキングツアーは、一般的な観光と同様至れりつくせり。山小屋がないため常に食料や寝床の装備は準備して行かないといけませんが、設営や食事の準備はスタッフが行い、荷物の運搬は馬やヤクが担当します。登山者が必要なのは、身の回りのものと、歩きやすい靴、そして登り切るガッツのみ!
一生懸命な姿に励まされます


憧れのチョモラリ・トレック
標高約7,315mのチョモラリは別名「女神の山」。ブータンでは6,000m以上の山への入山は宗教信仰に反するため禁止されているので実際に登ることは出来ませんが、ベースキャンプからは美しいチョモラリの展望を楽しむことが出来ます。ブータンを代表するこの山へのトレッキングツアーは、普段からトレッキングに慣れている人でないと厳しく、中級~上級者向けのツアーです。ツアーはドゥゲ・ゾン(パロ)からトレッキング開始。吊り橋や丸太橋を越え、森林の中へと入って行きます。高度2,820mのシャナ、3,610mのタンタンカを目指しながら、それぞれの地点でキャンプを行い、トレッキング3日目にようやくチョモラリ・ベースキャンプに到着します。ベースキャンプの標高は約4,115mそこからは7,341mの雪山を望むことが出来、感動的な風景が広がっています。
【日数】6泊7日
【標高】2,570m~4,090m(目安)
思わず何度もシャッターを切ってしまいます


秘境温泉に出会う ガサ・ラヤ・トレック
ブータンに温泉があるのはご存知でしょうか。ブータンに温泉、それだけで秘境感がありわくわくしてしまう温泉の名前があるのはガサという村。ガサまでは車で行くことも出来ますが、自然を肌で感じながらダムジからガサを目指すのもオススメです。途中、ガサ温泉に立ち寄り、登山の疲れを癒す事ができるこのトレッキングは、3月から11月の間楽しめます。ガサ温泉は地元の人も集まる混浴温泉で、男性は下着を着用し、女性は布またはTシャツなどを着用したまま入浴します。
【日数】6泊7日
【標高】2,370m~3,830m(目安)
冬はブータン人で混み合います


タクツァン僧院を上から望む?! ブンドラ・トレック
ブータン観光のハイライト、タクツァン僧院ハイキング。往復約5-6時間をかけて下から登って拝観する方法が一般的ですが、実はタクツァン僧院を上から望みながら訪問する方法もあります。1泊2日で行くこのトレッキングは、サンガチョコル寺院からスタート。3-4時間かけて8kmほど歩き、ブンドラ僧院の下に広がるキャンプ地を目指します。整備されたトレイルは、シーズンによってはシャクナゲの花を見ることが出来たり、キャンプ地では冬の時期ヤクが放牧されていたりと、ブータンの自然を思う存分に楽しめるのが魅力です。2日目は5-6時間をかけて15kmを歩きます。ブンドラ僧院を見学した後、下山しながらタクツァン僧院を目指します。
【日数】1泊2日
【標高】3,800m~4,000m(目安)

まとめ
寺院観光だけではなく、自然そのものが観光資源として成り立っているブータン。今回ご紹介したコース以外にも、2泊3日でポプジカの自然を楽しむガンテ・トレックや最低でも25日間かかる(!)スノーマン・トレックがあり、ブータンのトレッキングは奥が深いことが分かります。トレッキングに慣れ親しんでいる方も、またそうでない方も、ご自身のレベルに合ったトレッキングツアー選びをおすすめします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加