ブータンラボ

位置関係もこれで完璧!各エリアの移動距離をまとめてみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
driving

ブータン旅行に公定料金が設けられていて、その中に専用車代が含まれていることはご存知でしょうか。旅の始まりから終わりまで、ドライバーがあなたの為だけに運転をし、行きたいところへ連れて行ってくれるブータン旅行は、海外旅行の概念を良い意味で覆してくれます。ここでよく頂く質問を一つ。『どこまでいっても一日の料金は決まっているのですか?』―――答えはYES。西のパロからブムタンまで1日で行ったとしても、パロからティンプーまで約75分の移動をしたとしても、公定料金に変動はありません。『折角割増料金が無いのだから、遠くまで行きたい!東ブータンに行こう!』と思われる方も多いのではないでしょうか。その際に、気をつけて頂きたいのが距離と道路状況。ブータンでの移動では、途中、いくつか峠を越えたり、道の悪い道路を進む必要が出来てきます。さらに、道路の拡張工事が行われ通行止めに2時間・・・といったことも十分に考えられますので、無理のない旅程を組むことが大切です。この記事では代表的な都市の各都市間の移動距離をご紹介。ブータン旅行は必ず旅行会社を通すので旅程に心配は要りませんが、イメージを掴むのにぜひご活用ください。

    【もくじ】
  • ブータンの玄関口!パロから各都市へ移動
  • 近代化が進む首都 ティンプー
  • かつての都 プナカ
  • まとめ


  • ブータンの玄関口!パロから各都市へ移動
    ブータンに来てまず足を踏み入れるのは、西ブータンに位置するパロ。ツアーによってパロからそのままプナカに移動したり、移動をせずパロの観光や首都ティンプーの観光をしたりと、観光の起点となる都市です。パロから1日で移動が出来そうな都市をピックアップしました。もちろん、リスト以外の場所にも時間をかければ移動することは可能ですが、東へ行くほど道路状況が悪く、でこぼこ道を進んでいく必要があります。身体への負担を考えながら移動する場合は、プナカあたりで休息を取った方が良いでしょう。
    ※各都市への距離、所要時間はお目安としてお考え下さい。道路状況により若干の変動が発生する場合がございます。

    近代化が進む首都 ティンプー
    首都ティンプーもブータン旅行で必ずと言って良いほど旅程に組み込まれている都市です。玄関口パロからも近く、プナカにも約3時間で行けるため、初日にパロからティンプーへ移動し、ティンプーからプナカ、プナカから更に東へ・・・といった旅程を組むことが出来ます。


    かつての都 プナカ
    ブータンの中でも比較的暖かい気候が特徴のプナカ。東へと進む場合、プナカからトンサへ、トンサからブムタン地方へと足を伸ばしていきます。ブータンの移動で、一日6~8時間というのは一般的。筆者は一気に12時間かけてティンプーへ戻るドライブを経験しましたが、体力的に少し大変だったのを覚えています。長い間車に乗っているのは苦手な方は、日数をかけてゆっくりと東を目指されるのをオススメ致します。
    プナカから東へ行くコースも人気です


    まとめ
    どこまで行っても一日にかかる料金が変わらないブータン旅行。そう聞くと、限られた日数の中でブータン中を回りたい!といった思いになりますね。リストに書いていない場所へ行ってみたい方も、ぜひ一度弊社までお問合せ下さい。現地スタッフと相談の上、出来るだけご要望に沿った旅程を提案させて頂きます。ブータンの魅力は、各都市によって魅せる顔が違うこと。一都市ずつ宿泊して、その土地その土地の雰囲気を味わうも良し、農家訪問を重ねて郷土料理を食べ比べるも良し。ブータンの旅行は、公定料金が定められていることから自由度が低いと思われがちですが、実はその逆で、割と自由にアレンジ出来てしまうのが最大の魅力です。その特徴を活かして、あなただけのオリジナルの旅を作ってみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加