ブータンラボ

ブータンってどこにあるの?地図からブータン旅行を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
route map

ブータンは、世界地図の分類でいうと南アジアに位置しています。中国とインドの間にあり、面積38,394㎢(九州とほぼ同じ)の小さな国です。ブータンと聞くと、秘境的なイメージから日本から何時間もかけて行くのでは?と思われる方もいるのではないでしょうか。実は、経由地を選べばスムーズに旅行出来てしまうのがブータン。世界地図を見ながら、ご旅行スタイルに合わせて効率良く周るブータンの旅をご案内します。

    【もくじ】
  • 地図上で言うとどこ?
  • 旅行ルートはどこがベスト?
  • まとめ


  • 地図上で言うとどこ?
    中国とインドの間と言われても・・・という方、そう焦らずに。まずは地図でしっかりと位置を確認しておきましょう。
    ざっくり言うと、北に中国、南にインドですね

    旅行ルートはどこがベスト?
    位置関係を確認したら、次は『どこからブータンに行くか』を考えましょう。皆さんもご存知の通り、日本からブータンへの直行便は2016年7月現在運航していません。必ずどこかの国を経由する必要がありますが、どこからブータン入りするかというのはブータン旅行を考える上で重要なポイントとなってきます。今回は、空路からの入国に限定して、タイプ別でオススメルートをご紹介。ぜひ、ブータン旅行のご参考にしてみてくださいね。
    1.バンコク(タイ)を経由
    一番オーソドックスな経由地がバンコクです。バンコクまでは日本から約6時間30分で、ドゥルックエアーの出発時刻によっては同日乗継が出来るのもポイントです。また、待ち時間が長い場合はバンコク市内に出て観光が出来るという利点もあります。また、タイ航空を使うと日本からブータンまでそのまま荷物を送ることができます。これをバゲージスル―と言い、一度バンコクに入国し荷物をピックアップする必要が無くなります。ちなみに、バンコクからブータンまでは直行便の場合約2時間、経由便の場合約4時間かかります。
    タイ航空利用でブータンへ同日乗継!
    【往路】タイ航空の0時台のフライトにて、バンコクへ
    TG661便 00:20 羽田発 04:50 バンコク着
    バンコク到着後、入国せずにそのままドゥルックエアーのトランジットカウンターへ
    【復路】ドゥルックエアーでブータンからバンコクに夕方頃到着後、タイ航空の22時台のフライトにて、羽田へ
    TG682便 22:45 バンコク発 06:55 羽田着
    日本には翌日の早朝に到着します

    2.カトマンズ(ネパール)を経由
    ネパール旅行と併せてブータンを周る方も多いです。日本からカトマンズに直行便が飛んでいないため、カトマンズに行くにもどこかを経由することになります。日本~バンコク~カトマンズ~パロ~バンコク~日本で旅程を組むことも可能です。また、ドゥルックエアーのカトマンズ線は往復共に早朝便となります。

    3.シンガポールを経由
    次に多いのがシンガポール経由。日本からシンガポールへは直行便があり、約7時間40分でシンガポールに到着します。ドゥルックエアーのシンガポール線も往復共に早朝出発となりますので、旅程を組む際はご注意ください。

    まとめ
    日本からブータンに直行便が飛んでいない分、経由地を上手く使って効率よく旅行することがブータン旅行成功のカギとも言えます。バンコク・カトマンズ・シンガポール・コルカタ・ダッカ・デリーの主要経由地を組み合わせて2カ国周遊をすることも可能です。ブータン旅行で経由地をどこにするか悩まれている方は、ぜひ一度弊社までご相談ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加