ブータンラボ

ブータンでの食事が気になる!現地でのお食事事情を予習しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
chilli-1549394_1280
『ブータン 食事』で検索すると、『世界一辛い』といったワードが目に飛び込んできます。『幸福度世界一』と言われ、穏やかな空気が流れるブータンがまさか料理でも世界一を誇るなんて、想像も出来ませんよね。世界一から理由は、唐辛子にあります。ブータンでは唐辛子は野菜。炒め物など、唐辛子がそのままドーン!と存在感を放ちます。日本人にとって唐辛子は香辛料のイメージが強いので、驚きですね。普段辛いものが得意な筆者も流石に世界一の辛さには完敗。しかしクセになる味なので、辛い、痛いと思いながらもスプーンが止められなかったと覚えています。
ブータン料理が世界一辛いと聞いて、ブータンへの旅行を諦めようかと思っている方。ご心配は無用です!ブータンでは旅行中観光客用のご飯が振る舞われるので、安心してブータンへお越し下さい。今回は筆者がブータンへ行った際に食べた食事をレポート。旅行前の事前学習にお役立て下さい。


朝食はいたってシンプル
ブータンではホテルでの朝食が一般的です。ホテルによってビュッフェスタイルを取るところや、テーブルオーダースタイルのところもあります。ビュッフェの場合は食パンや野菜、スクランブルエッグなどが並び、またテーブルオーダーの場合もコンチネンタルスタイルかアメリカンスタイルかを選択します。いずれにせよ、内容はいたってシンプルで、食パンに卵(目玉焼きか、スクランブルかなど好みを聞いてくれることも!)、サイドに野菜などがつきます。

観光客向けの食事で安心
朝食だけでなく、昼食や夕食も観光客向けの唐辛子を使用しない料理が並びます。お肉よりも野菜を使った料理が多く、また主食もお米なので日本人には嬉しい内容です。またインド系の料理が食べられるところも!基本的に昼食は市内レストラン、夕食はホテルのレストランで食べますが、希望すればローカルレストランで食べることも出来ます。ブータン人が集まるお店で、ローカルに混ざって食事をするのも良い旅の思い出になるでしょう。ただし、辛いメニューにはご用心ですよ・・・
焼そば、野菜の炒め物、白米など馴染み深いものばかり


チキンの煮込みなどもあります


物足りなくなったら、ソウルフードデビュー!
辛くない食事。安心できるけど、ブータンに折角来たのだから、ブータン料理が食べたい!・・・旅の途中、不思議と辛さへの覚悟のようなものが湧きあがるのがブータンの不思議。そうとなれば、エマ・ダツィデビューです。エマ・ダツィはチーズと唐辛子の煮込みで、ブータン人が愛してやまないソウルフード的存在です。チーズの甘みと唐辛子の辛さが交互にやって来て、何とも言えない美味しさが口いっぱいに広がります。中毒性があり、あれほど辛い辛いと火をふきそうになりながら食べていたのに、少し時間が経つと食べたくなってくる魔性の食べ物。ご飯との相性が良く、エマ・ダツィを食べるとご飯をいつもの倍食べてしまいます。ブータン人の中にはこのエマ・ダツィを毎食食べているという人もいるくらいで、ブータンの食卓に欠かせない一品です。
まさに『辛うま』!チーズのコクがたまりません!


さいごに
ブータンでは、インド料理の他にマレーシア料理や韓国料理を食べることが出来るので、長期間の滞在で食事に飽きてしまった場合はガイドさんにリクエストしてみることをおすすめします。筆者は辛さに完敗し、ティンプーのピザ屋さんで胃を休めたこともありました。旅行において『食』は重要な思い出の一部なので、辛いものが苦手な方でなければ、エマダツィを試してみてはいかがでしょうか? また、日本にも代々木上原にブータン料理屋さんがあるので、事前に辛さに慣れておくのも良いかもしれません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加